セブアノ語に出てくる3つの”kay”

ダバオに住みながらビサヤ語(セブアノ語)を勉強するという当初の計画。ダバオはタガログ語もよく使われているので、あらかじめタガログ語を覚えた自分としては好都合だ、と思っていた。実際には、ついタガログ語を使ってしまうのでなかなか上達しない。かつ、ダバオのタガログ語は底が浅いというか、マニラの方とは響きからして違う、言ってみれば2流。どっちつかずな感があります。

ともかく、それでも半年もいればなんとなく耳が慣れてくるし、たまにオンラインでセブ出身の人に習ったりもするとセブのビサヤ語との違いが気になってきたりもする。ここでも、ダバオのビサヤ語は底が浅いというか、本場セブのとは使われる語彙とか違うよう。

たとえば標題の”kay”に関しては、ダバオでは次の2つしか聞かない。
1) 名前に付ける”si”のsa形であるkay。
2) 理由を表す接続詞のkay。

セブの方ではさらにもうひとつkayがあるよう。すなわち、
3) kaayoの省略形であるkay。

上記のkayはひとつの文に同居することもある。
例: Kaligo ka didto, kay baho kay ka. あんたとっても臭いから水浴び(またはシャワー)しなさい。

ところでセブアノ語がタガログ語と文法的に違うなぁ、と思うのは「あんた」を表す”ka”の前にkaayoがつくという語順。タガログ語の”ka”は、どんな接辞よりも前にくるのに、セブアノ語ではけっこう後ろの方。私の推測では、セブアノ語の方がもともとの語順なのではないかと思う。というのは、タガログ語の”ka”と”mo”の接辞に対する位置は、他の代名詞の位置と違う例外的な処理が必要だから。ビコルやイロンゴ、カパンパンガンなどで例を集めて比較してみると答えにもうちょっと説得力が出てくる気がする。

というか、その前にもし現地の言語学の論文を探せばもっといろいろ見つかるんだろうな。

広告

セブアノ語に出てくる3つの”kay”」への2件のフィードバック

  1. タガログ語で他と比較するときに“kaysa”が用いられますが、ビサヤ語だとこれもまた“kay”になったと思います。

    • コメントありがとうございます!ご指摘の通りです。同じ形で意味が4つもあるわけですね。

      結局、その後の私はセブアノ語習得は情熱を失って諦めてしまったのですが、それなりに耳は慣れたので全く無駄ではなかったかなと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中