南米でのリタイヤメントビザ

実は新興国はどこもリタイヤメントビザの制度を持っているらしい。

下のウェブサイト、見ているだけでも面白い。
http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/r6.html

南米では6か国にリタイヤメントビザの制度があるそう。一般的には毎月の送金額の必要量が少ない国ほど経済力がない国、だけれどもなぜかコロンビアはエクアドルよりも寛容。さすがコロンビア。

ちなみにたいていの場合、長期滞在するには他にも方法があるようで、それこそまだリタイヤメントしていない年代の人も移住するケースはあります。
どうせ新興国だから、弁護士(イミグレーションロイヤー)の腕(コネ?)次第なところもあるのではと思います。

ま、私には関係ないですが。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中