言語学習の新しい波

新しい波は、大学から来るのではないです。っていうか、教育の手法を大学が開発して広めていった例って歴史上ほとんどないんじゃないでしょうか。

言語学習を成功させる方法。やり方は簡単。学んでいる言語で話しているビデオを撮るだけ。彼らのように。

が、簡単なことが誰にでもできるわけではない、というのが問題。なぜ難しいのか。それは、パラドックスになりますが、周りの人がやってないからです。
メンタリティ的に、まわりの人がやってないことができない人が大半。語学だけではなくて、なんでもそう。

おそらく、生存競争に生き残るためのストラテジーとしては普遍的なんでしょう。しかし、横並びでみんな滅びるということがあるのも事実。
これは、難しい問題です。

もうひとつ、言語学習を成功させる方法。英語を話さないこと。ではなくて、媒介語を使わないこと。

日本に住んでいる日本人が英語を本気で話せるようになりたかったら、英語だけで話す環境を整えろ、という、オンライン英会話の宣伝みたいな話です。

が、オンライン英会話に挑戦してみても続かないという人は知っていると思いますが、これには相当な動機づけが必要です。決死の覚悟か、必然性か、そういうのに後押しされないとなかなかできません。

だから最終的には、それに向かう態度の問題になってしまう。おそらくそういう面では、日本人もアメリカ人も大差ないと思います(違うのは多言語環境にいる人の数。アメリカ人は多言語環境にいる人が日本人より多い)。単一言語で生活できてしまう環境にいる集団は、たとえば南米諸国の人もそうですが、軒並み外国語が苦手です。

大人が言語を学ぶためには、コンフォートゾーンから出る練習を積むしかない、と私は思います。そしてこれは難しい。大学生とか、なるべく若いうちにこの態度を学びに、外国で暮らすのがいいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中