カンボジアの最低賃金の推移

正確には、カンボジアの縫製業セクター労働者の最低賃金。急速に上昇しています。時系列に並べてみました。

1997年、月額40ドル
2010年10月1日から月額61ドル
2013年5月から月額80ドル
2014年4月から月額95ドル
2015年1月から月額128ドルに引き上げへ。

(追記:2016年1月からは月額140ドル。)
(追記:2017年1月からは月額153ドル。)

参考までに、2013年末の時点では「毎年12~16%ずつ段階的に引き上げて2018年までに5年間で最低賃金を160米ドルまで引き上げると発表した。2014年までは最低賃金の引き上げを行なわないことを公言していたが、国内で多発するストライキによってこの約束は撤回され、最低賃金引き上げに至った。」

舵取りが難しいようで、2014年には約20%、そして今回は約30%の上昇になります。そうすると、2014年のベトナムと比べてほぼ差がなくなります(参考)。

ただし、ベトナムも2015年に向けて15%程度引き上げるようなので、引き続きざっくり言って15%の差を保ちますが(参考)。

(追記:2016年ベトナムも12%up、2017年ベトナムは7.3%up。少し差が縮まりつつある)

この地域の発展は急速ですねぇ。

アジ研のレポートによれば、ベトナム中部の農村は近隣国の都市部よりかなり貧しく、カンボジアやラオスに仕事を求めて出て行く人もたくさんいるのだそうです。

にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中