フィリピン人女性との結婚を制限する法律が通過

いつから施行かは知らないが、フィリピンでフィリピン人女性と外国人男性の結婚に条件を設ける法律が通ったらしい。
http://www.philstar.com/cebu-news/2014/11/08/1389400/more-requirements-foreigners-marry-filipinas

なんでも、条件は「仕事があること」、それから「素行善良」だそう。

目的はもちろん人身売買の防止で、既に近隣の国では数年前からこうした規制は始まっている。特に韓国人との国際結婚に関して。

たとえば、ベトナム。『2011年以降、「満50歳以上、または年齢差が16歳以上」の韓国人男性とベトナム人女性との国際結婚を禁止する厳しい制限規定を設けた。』
http://www.news-postseven.com/archives/20120925_144616.html

これに先立って、まずカンボジアが一時的に韓国人との結婚を禁止したことがあるそう。ただ、これはすぐに解除されたとか。その後、規制が残っているかは不明。
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-14442320100322

ただ、いわゆるメールオーダーブライド等はもう何十年も前からあった話で、ここに来てようやく規制が始まったという感が否めない。せめてDV等のリスクが異常に高いグループぐらいは規制しよう、というつもりなんだろうか。動機が知りたい。

まぁ、国際結婚に限らず結婚という制度に関しては、仮に建前上「自由意志」であったとしても経済的な動機は介在するものだし、アヤシイ雰囲気が漂うのは避けられないと思います。というか、結婚でなくても援助交際もそうですね。

にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中