3ヶ月でタイ語!中間報告

南米エクアドルでタイ語を学ぶに際してとった方法。もちろんここにタイ人はいないので、教材も含めて全てオンラインベース。とりあえずここで2ヶ月習った方法を紹介します。ちなみに予算は月に1万円以内。

1) 日本語、英語のリソースを検索してそれらしい教材を見つけます。

2) 格安オンライン会話を見つけます。ありがたいことに日本人向けのサービスが数社あります。(うまい具合に夏休みキャンペーンをやっていたので、月5000円ほどで毎日25分のレッスンが受けられています。)

ちなみにタイとエクアドルの時差がちょうど12時間あり、そのためにいつでも好きな時間、もしくは講師にレッスンが受けられるわけではありませんでした。出勤前の早朝や、夜に受講しています。

3) 適当に見つけた教材から、自分のレベルに合わせた目標を設定します。そして、暗記。

4) いかんせん発音が難しいので、オンラインレッスンを録音して、後で聞き返したりもしました。

5) タイ文字は異常に複雑(文字の数も多いし、なにより正書法が複雑)なので、とりあえず後回し。1ヶ月経ったあたりからゆっくりと暗記スタート。

と、ざっとここまでです。ここからはオンライン会話の感想。

感想1) お試しで数社みてみましたが、総じてタイ人講師は、意外とそんなに明るくなかった。

感想2) オンライン講師は、文法積み上げ式教授法としては指定した市販教材を使うようにしか訓練されていないようで、教材がない私としては、自分からどんどん言い たいフレーズ等を引き出していく必要があった。また、無料入門教材を配布している会社でも、講師は教材をなぞるようにしか教えないのでつまらない。

感想3) タイ語のアルファベット表記に際して、講師によって方法が全然違う(政府から統一された方法が発表されているのに、それに従っていない)

ということで、残念ながら現時点では日本人向けのタイ語格安オンライン会話は安かろう悪かろうの部類に属すると思われる。フィリピンでの経験から推測してみるに、現地の語学学校に行っても クオリティはこの程度なのかもしれない。思えばエクアドルのスペイン語学校も決して教え方は良くなかったし、途上国の言語を学ぶ際に起こりがちな問題の ような気がする。

さて、現在は移動中のため、休憩中(いわゆるインターバル)。オンライン会話は一ヶ月毎に支払いがあるが、休会等は自由なのでオンとオフを適当に切り替えることができるのが良い。この時間をレッスンを重ねるごとにたまってきた単語の消化(暗記)に費やしたい気持ちもあるが、まずはリラックスから。来週末からは、また全力でがんばります!タイへ向け出発するまでの間にタイ文字の基礎まで習得しておきたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中