英語のフルート用チュートリアル教材

科学とかいろんな分野ももちろんそうなのだろうが、音楽をする人はある程度は英語を勉強しておいた方がいい、と思う。外国に行かなくても、情報にアクセスできるかどうかで得したり損したりするからだ。

とはいえ、それでも中学生とかはそんなにできないだろうから、ここで紹介しておきたい。youtubeで英語で検索すれば出てくるような動画。

ところでこういう教材ビデオって、奏法に悩んでいたりするときに見たいのが常だが、世界が違いすぎてもうフルートなんか辞めようか、っていう気にもなるので注意。個人的には調子がいいときに観た方がいいと思う。

は、ではまずはフルート教本的なやつ

この人たち、アメリカのミリタリーバンドのメンバーらしいのだが、恐ろしくうまい。。大学の先生とかじゃないの?
いろんなお手本を収録してあるので、特に現代奏法とかカッコイイじゃん、と思うだろうし、英語がわからなくても参考になる部分は多いはず。

しかしながら、このビデオの作りには疑問。興味のある項目毎に観るのはいいと思うけど、いろんなことをただ網羅しているだけで、誰向けなのかがよくわからない。中学生とか初心者とかは参考になるのはせいぜい最初の方だけだろう。

ちなみに、最後の方にピッコロ編もある。いとも簡単そうに吹いてるけど、ある部分では「私は学生のときは毎日4,5時間練習していました」とかさらっというあたり、そこまでの覚悟のない普通の人は死ぬまでこういう風には吹けないよ、という裏のメッセージか、と勘ぐりたくもなる。

さて、それよりも俺が好きなのはこっちの人のビデオ。

この方、サンフランシスコ響の奏者らしいが、めっちゃ気さく。こういう人がお師匠だったら、俺ももっと先生になんでも相談できるようないい関係を築けていたかもしれない、と思う。いろんなテーマで自撮り動画をアップしているが、例えば上記のビデオでは、ジュピターとヤマハのステューデントモデルを比較している。

比較といえば、日本では愛国心からか、中国や台湾のメーカーの楽器は楽器じゃない、とかいう言説がプロや楽器屋の中にさえあるよう。俺に言わせれば、それは悪いメーカーもたくさんあるだろうが、だからといって良い、もしくはそれなりのメーカーがないとは言えないと思う。その点、電化製品と変わらない。で、上記のビデオでも、ジュピターをボロクソに言うわけでもなく、かなり公平に扱っているように見える。

ついで言っておくと、「ジュピター」ブランドを出ている台湾のK.H.S社は比較的最近、日本のフルートメーカー「アルタス」を買収してから「ジュピター」の品質も上げているとのこと。価格的にも、ヤマハを意識した設定(ブランド価値を考慮してヤマハより若干安い)にしてある。

最後に、結局のところジュピターやらヤマハの安いモデルでもプロが吹けばよく鳴るし音程もちゃんとしている、ということがビデオを見ればわかる。もちろんコントロールのしやすさとか吹奏感とか高級モデルとは全然違うだろうが、果たして値段との兼ね合いでそこまでの価値があるだろうか、とアマチュアのフルート奏者は考えてみていいと思う。その差額でバイクが買えたりとかするわけですからね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中