フィリピンの空港から出る時のトラベル・タックス

あと数ヶ月で久しぶりにフィリピンに行くにあたって、うろ覚えだった「トラベルタックス」についてメモ。

フィリピン航空のウェブサイトより。
http://jp.philippineairlines.com/faq/checkin/check_in.jsp

「トラベル・タックスとはなんですか?
フィリピン国籍をお持ちの方、フィリピンの永住権をお持ちの方、フィリピンに1年以上続けて滞在されている方がフィリピンから出国するフライトをご利用いただく際は、トラベル・タックスをお支払いいただく必要があります。トラベル・タックスは、大人はPHP1,620、子供(2~11歳)はPHP810となります。」

これを読む限り、観光ビザでも一年以上続けて滞在していると出国時に3500円程度払わなければいけない、ということがわかる。

そしてこれとは別に、フィリピンに6ヶ月以上つづけて滞在するとき、イミグレでECC(Exit Clearance Certification)というクリアランスを発行してもらわなければいけないことになっている。料金はたしか700ペソ程度で、出国の2週間前ぐらいにイミグレに来い、と言われるのだがそれより前とか直前とかでも手続きできるのかはちょっと情報不足で不明。
http://d.hatena.ne.jp/zashikineko/20080704/p1

ということで、一時出国のタイミングを考えるときに参考になるのでは、と思います。

ちなみに、国際線の空港使用料はマニラだとチケット代に必ず含まれる(550ペソ)ようだが、セブ発だと例えばセブパシフィックでは含まれていない。そのためマクタン国際空港では別途750ペソ支払わなければいけなくなる。

追記:
ファーストクラスだと2700ペソとのこと。また、海外在住のフィリピン人の一部は免除の対象になります(在日フィリピン人だと「永住者」の在留資格を持っている人など)
(参考英語記事↓)
http://www.osakapcg.dfa.gov.ph/travel-tax-exemption-priveleges

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
『大学のフィリピノ語』
山下美知子 リース・カセル 高野邦夫
東京外国語大学出版会
売り上げランキング: 54,254
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中