ベネズエラのエル・システマ

久々の更新です。今はブラジルに来ているのですが、まだ書くことが整理できてないので、別の話題にします。

ベネズエラの音楽を通した地域開発のプログラム、通称エルシステマについてまだ投稿したことがなかったので紹介しておきます。

このプログラム、費用対効果はよくわかりませんが成功していることになっており、実際に音楽の専門家が沢山輩出されているようで少なくともその方面では評価は高いようです。

El sistema

下のリンクは、おそらく2006年の政府制作のプロモーションビデオ
“Tocar y luchar”(演奏すること、闘うこと)です。全部で2時間近いボリュームだったと思いますが観ていて面白かったです。スペイン語等の言葉がわからなくてもそれな りに楽しいと思いますよ。

ネットで調べた限りでは、日本でもこのモデルを試している団体が福島にあるようです。アジアの途上国にも、あるでしょうかね。

エル・システマ―音楽で貧困を救う南米ベネズエラの社会政策
山田 真一
教育評論社
売り上げランキング: 139,981
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中