エンパワメント

前回の投稿で、勉強がなかなか順調に進んでいることを書いた。調子が良いということは自信につながる。自信があれば、当然のことながら良いパフォーマンスにつながり、そして良いパフォーマンスはさらなる自信につながる。

この好循環が好ましいのは言うまでもなく、何事も目標を立てて行動するときには、そうなるのが理想的だ。

にもかかわらず、実際の世界ではあの手この手を使って世の中が私たちの自信をなくそうと画策しているように思われるときがある。今日はそんな日だった。

不本意ながらエクアドルで歯医者に通うことになって、今日で通院4回目。当地での病院における経験については別途思うことも多々あるのだが、悪口のオンパレードになりそうなので控えておきたい。このエントリで伝えたいのは、そういうことではないのです。

この間のDELE対策で、自分のスペイン語力に自信がついてきた矢先、案の定、医者との会話は普通より難易度が高く、満足いくパフォーマンスを発揮できなかった。相手の言っていることはそれなりにわかるのだが、瞬時に反応できないとか、自分の返事は文法が間違っていたとか、反省点が多々あった。

あげくの果てには、医者と放射線技師の会話の中で、その医者が私のことを「スペイン語がちょっとわかる」という評価を下しているのを聞いた時には正直ヘコんだ。それにしても、事実はともかくとしても、なんで俺の前でそういう言い方をするんだろうか、この人は。

それでなくても、国を問わず病院というところは私たちを無力に感じさせる仕掛けが満点のところだ。まがりなりにも社会人として生きている私たちを、単なる「患者」としてしか扱わない。医者は患者がストレスを感じないように(麻酔などで)気を使っているのは理解できるのだが、それって根本的には別に人でなくてもかまわない「生物」に対して処置をしているだけではないか、と思えてしまう。治療を受けながら、この扱いは動物病院の犬と同じじゃないか、という気がした。

よく考えてみれば、一日中そんな仕事をしている人だからこそ、上述のような会話を患者の前で平気でできたんだと思う。俺に言わせれば、そんな環境では俺のスペイン語がパフォーマンスを発揮できるわけがない。話し相手がどんな態度で臨むかによって、コミュニケーションの質が変わるのは当然である。

そういう面からいうと、この医者が患者との対人関係においてやっていることは、エンパワメントの反対のディスエンパワメントである。接客業なんだから、治療の腕とはまた別の次元である対人関係でもぜひがんばってもらいたい、と思った。

そして、これを反面教師に、音楽やら語学やらを教えている俺は生徒をエンパワメントするために気を使っていこう、と思いを新たにしたのでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中