東大ロースクール生による外国人留学生のための法律ハンドブック

一昨日、フェイスブックのアカウントを休止しました。5,6年前に始めて以来、初めての措置です。

というのも、来月受けるスペイン語の試験DELEが、予想以上に難しい。受験料がけっこう高いので、なんとか一回で受かりたいのです(というか、もし落ちても再受験はしないと思う)。少なくとも自分の中で最善を尽くした、と言えるような準備をしたいと思ってます。

ま、そんなわけでこのブログもしばらくは半分放置にしようか、と思いましたが、そう言えばネタ(下書き)のストックがいくつかあったのでそれを投稿します。

今日は、ネット上で紹介されている在日外国人向けの法律ガイド。

『東大ロースクール生による外国人留学生のための法律ハンドブック』という名前の通り、東大ロースクール編です。最新版は2006年と既に古いのですが、タダでアクセスできるので文句は言えない。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~a_omura/handbook/index.html

上記リンク先のウェブサイトによれば、その後、この研究室からは、「子ども法プロジェクトの成果物」として書籍が3冊出版されているとのこと。アマゾンで探してみたけど、
『18歳の自律 東大生が考える高校生の「自律プロジェクト」』東大ロースクール大村ゼミ共著 羽鳥書店 2010
という書籍が一冊見つかっただけだった。他の2冊は?うーん。。

ところで、この研究室の大村敦志教授といえば、素人向けの書籍が良著。

『他者とともに生きる―民法から見た外国人法』大村敦志(東京大学出版会、2008年)

他者とともに生きる―民法から見た外国人法
大村 敦志
東京大学出版会
売り上げランキング: 891,487

ここで言う民法っていうのは日本の民法です。日本に住む外国人と法律についての本。もしかしたらこれが例の子ども法プロジェクトの成果物のひとつなんだろうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中