ミンダナオ和平、武装解除で合意

勉強しようと思ったままで、まったく先に進んでいなかったミンダナオ和平のこと。俺がダラダラしている間に、ついに武装解除を合意したというニュースをキャッチしました。

「ミンダナオ和平、武装解除で合意 比政府とイスラム解放戦線」日経新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM25023_V20C14A1000000/

「ミンダナオ和平 最終合意へ フィリピン 武装解除で一致」東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014012602000091.html

「ミンダナオ武装解除で合意=イスラム勢力、包括和平調印へ-16年に自治政府・比」時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014012500261

報道によれば、
『両者は2012年10月、現在の「ミンダナオ・イスラム自治区(ARMM)」に代わり、「バンサモロ(イスラム教徒の国)」と名付けた新自治政府を16年に発足させることを柱とした和平枠組みに署名。13年7月には石油や天然ガスの資源開発に伴う収入を新自治政府とフィリピン政府が折半することなどで合意した。』

ということで、目標通りに進めば2016年にはバンサモロが誕生することになります。去年末に起きたサンボアンガのミスアリ派テロも、影響を与えることはできなかったようです。

個人的なことを言えば、ここ2,3年間というもの成長著しい東南アジアの活気とか波に一切乗れていない生活を送ってきて、焦燥感ばかり募っています。が、もうすぐ戻れるこのタイミングでこうやって将来の変化の兆しが見えてきているので、今度こそは俺も波に乗りたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中