フリーのDAWとして、ウィンドウズ7でLMMSを使ってみる

うちの音楽教室で初心者向けにパソコンを使った音楽制作を教えるにあたり、フリーのDAWソフトを探しています。けっこういっぱいあるんですが、いろいろ試してみた結果、どうやら総合的に見てLMMSが良いかな、という気がしています(他にはStudio Oneのフリー版も良さそうな感じですが、まだ試していません)。

選んだ基準は、1) MIDIを操作できて、2) VSTiなりサウンドフォントを使えて, 3) 導入が簡単なもの。

LMMSはインストールが簡単で、設定もほとんど必要ないんですが、一点だけ。初期状態だと音が変なのしかでません。。
ということで、対応策。

1. ウィンドウズコマンドを開く (Windows key + R).
2. “dxdiag”を入力してエンター。
3. サウンドのタブを見る
4. ドライバーの名前をまんまメモする(メモ帳とかに)。
5. LMMSを起動。
6. 「編集」からオーディオのコンフィギュレーションを選ぶ.
7. SDL (Simple DirectMedia Layer)を選択して、
8. その下の枠にメモしたドライバーの名前をペースト。

私の場合は以上で解決しました。

次に、制作に入る前にフリーのサウンドフォントをゲットします。下のページ載っているやつ、良かったです。
http://ameblo.jp/m7832282/entry-11458172537.html

これで準備はOKです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中