はじめての言語学

言語学の入門をこれまで何回か読んでそれでも暗記できていない用語がたくさんあるので、それをメモしたい。

今回読んだのはこれ。特別いい本という印象もないのだが、くだけていて読みやすい。

『はじめての言語学』(2994)黒田 龍之助 (講談社現代新書)

はじめての言語学 (講談社現代新書)
黒田 龍之助
講談社
売り上げランキング: 52,937

まず、いつまで経ってもこんがらがるソシュールの「ラング・パロール」、「シニフィアン・シニフィエ」。

ラング・・みんなが共通に使っていることば
パロール・・一人がその場かぎりで使っていることば

シニフィアン・・形
シニフィエ・・意味

次に、言語学の分野

意味論・・語彙的・辞書的な意味を研究する分野
語用論・・文脈的な意味を研究する分野

とりあえずこれだけ覚えられれば、満足。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中