ヤスニITTプロジェクトについて語ってみる

今エクアドルに住んでいますが、このブログではごくまれにしかエクアドルについて触れてきていません。が、前回ちょっとエクアドルについて書いてみたらアクセス数が伸びているので、もう一回別の話題で書いて様子をみてみたいと思います。

さて今回は、ヤスニITTプロジェクト。はっきり言って俺はこのプロジェクトに対して関心があった(ある)わけではないので特別な知識があるわけではありません。一傍観者として思うことを書きます。

まず、このプロジェクトの概要と、舞台となっているヤスニITT(ITTは地域の頭文字であって、情報技術のITとはなんの関係もありません)について。

UNDPのサイトに日本語で出ているドキュメントが、こちら↓
http://www.undp.or.jp/uploads/pdfs/133652577001.pdf

そういうわけなんですが、もうちょっと詳しく知りたいので他の記事を探していたら、ワードプレスのブログが出てきました。↓
エクアドル・ヤスニ国立公園について②

今の大統領であるコレアが、2007年に提唱して、2010年からUNDPが基金を管理して運営している、とのこと。で、2012年までは目標をクリアしてきたようですが、2013年は無理そう、というわけ。

最近のニュースが、こちら↓
http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324593704579013230202063294.html

そもそもなんで寄付が集まらないかというと、一貫性のないエクアドル政府の政策の実績によるというのは明白。寄付集めるだけ集めておいて、次の大統領になったら簡単に方針を撤回して、開発を始めちゃうんじゃないの?と疑う人は多いはず。
だいたい今の経済だって、ドル化経済なのに利率が落ち着かないのはカントリーリスクがあると評価されているからです。この前も書きましたが、日本の学者の中には、いざとなったらまた自国通貨を復活させる政策をとるんじゃないのか、という人もいます。

そんな国家なので、私は上のニュースのように代替案を検討する、ということが脅しでなくて実行に移ったとしても全然驚きません。

結局は信用の問題だと思うのです。これはソーシャル・キャピタルです。数年で回復するようなもんじゃないでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中