ラップトップへのメモリ増設

ここのところ連日ブログを更新しています。暇になったから、というよりは報告書を書くのに気乗りしなくてつい脇道にそれているからに他なりません。いかんですな。

さて、今日はパソコンの話。パソコン上で曲作りなんかをするにあたって、自分のパソコンじゃ不足だということがわかってきました。ソフトの動作が重いんです。

で、解決策としてメモリの増設を検討しました。以下は、その際に調べたことのメモ。

注意点その1は、「デスクトップ用とラップトップ用はメモリの種類が違う」ということ。買う前に調べないといけません。

増設のやり方自体は、どのパソコンでも同じだそう。
http://www.pc-master.jp/sousa/note-memory.html

増設後には、仮想メモリの設定を行う必要があるそうです。

が、Vista・7の場合は、仮想メモリは自動的に設定されるようにチェックが入っています。 なので不要。

さらに、
物理メモリが多い場合(例えば4GB以上など)は、仮想メモリはあえて設定する必要はありません。仮想メモリはあくまで物理メモリが不足した時に、ハードディスク上の仮想メモリを使用してメモリ不足を補うというものなので、4GB以上などメモリ不足が起きない環境では、あえて設定しなくてもパソコンは快適に動作します。

最近ではWindows 7の64bit版が増えてきており、メモリーが4GBや8GB、16GB搭載というのも珍しくありません。こうした場合は仮想メモリを設定するとハードディスクの容量を占有するだけにもなりますので、物理メモリが多い場合は、仮想メモリを設定する必要はないでしょう。仮想メモリを使用しない環境のほうがパソコンにとっては望ましいといえます。
」ということです。
http://www.pc-master.jp/sousa/s-memory.html

ふーん、ちょっとわかってきたぞ

しかし、自分のパソコンに対応するメモリを検索する以下のサイトで調べてみると、
http://buffalo.jp/products/catalog/memory/

結論:空きスロットなし

ということが判明。増設はできません。。

おれの使っているAcer Aspire One 722は、メモリ増設できないんだったら、window7が64bit版で入っている意味がまるでない。。やっぱり安かったのには理由があるんですね。

ここにいる間は今のパソコンでなんとか乗り切って、日本に帰ったら新しくてもっと作業向きなのを購入することにします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中