っ(促音)と入声

週に一回は更新しよう、ということで、今日もテキトウに書き散らかしてみます。

日本語の促音=(っ)って、どうやって発音するんでしょうか。というか、音がないのに「発音」と呼べるんだろうか、とふと思いました。
しかしながら、口の形は(次の子音によってバリエーションがあるけど)ちゃんとあるし、外国人向けに説明もできる。これってかなりユニークですよね。

実際、今まで他の言語でこの「音」があるって聞いたことがない。

と、思っていたら、ウィキペディアの「促音」の頁に興味をひかれる記述を発見。曰く、

促音に類似した音素・音結合はイタリア語等の欧州地域の一部、及び朝鮮語、広東語、ミン南語、台湾語、ベトナム語などの古代中国語の声調の一つである入声を保存している東アジア地域に分布している。

促音とは違うが似ているらしい。イタリア語はともかく、古代中国語にあったという「入声」という声調がキーポイントといれています。「入声」って何?ということで再びウィキペディア↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A5%E5%A3%B0

この声調、どのぐらい昔の中国語にまで見られるんだろうか。そして、日本語への影響はあったんだろうか。ここでも興味深い記述がある。曰く、

室町時代には-tの入声があ」ったらしい。たかだか5~600年前ですよね、これ。

機会があったらもっと調べたいっす。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中