フリーソフトでDTM(小まとめ)

今使っているネットブック、買った当初には想定していなかった使い方をしております。ここ半年ほどパソコンを使った音楽制作に目覚めまして、当初は主に楽譜作成をしていたんですが、最近では一歩進んで録音・編集やらMIDIやらなんやらいろいろと可能性が広がって来ました。

で、今回は試してみたものの中から、フリーで使えるものを紹介してみます。

1.楽譜作成ソフト
a) Finale Notepad ..業界シェアが高いというので使ってみましたが、フリー版はなかなか大変。finaleとの互換性がなければ使用価値はあまりないかも。
b) MuseScore ..Finale Notepadに不満があったので乗り換えてみました。しょせんはフリー版なので意味不明なバグっぽいことがまれに起きますが、それでもこっちの方がいいかな、と。
c) Tuxguitar ..ギター用。ギタープロとかパワータブ用の形式のファイルが開けるというのがよいところ。タブ譜はネットからフリーでダウンロードして使えます。

2.DAWソフト
a) Music Studio Producer.. フリーでもひと通りできるというソフト。しかし、素人にいきなりこんな本格ソフトを渡されても、ほぼ理解不可能。一方、ちょっとわかる人は有料ソフトを持っているはずなので、結局のところこのソフトは何のためなんだろう、という気がしないわけではない。MIDIを編集したりするのにはいいのかな、でもファイルによっては認識してくれません。同様に、プラグインのVST音源を入れるのも大変なようです。
b) audacity.. 録音・編集できる。MIDIも扱える。パソコンに入っている外部プラグインを自動で探してきて使える。
c) ReBirth RB-338 ..ドラムマシンシンセらしいのだけど、windows7の64bit版では普通には動かせません。一回32biit版を操作してから持ってくれば動くらしいのだけど、そこまでして使わなくてもいいかな、と。

3.録音・編集用
結局、フリーで使うのならDAWソフトより機能限定の編集用ソフトを組み合わせて使うほうがストレス少ないかな、と思います。
a) SoundEngine Free..録音・編集できる
b) free audio editor.. mp3とかのファイルのテンポやキーを変えたりもできる。
c) Efficient WMA MP3 Converter.. ファイル形式を変換するのに使う。
d) wavetone.. mp3とかの音源を解析して音名表示してくれる。

ここまでで普段使っているフリーのものは網羅。ここからはまだ使ってないもの。

4.ソフトウェアキーボード
domino
.. 楽譜作成ソフトとかでソフト上にキーボードがついてなく、かつMIDIコントローラーがない場合に代替するためのもの。5.の仮想MIDIケーブルとあわせて使用するらしい。

5.仮想MIDIケーブル
LoopB.. ソフトウェアキーボードを楽譜作成ソフト等に接続するためのソフト。

と、こうやって見ていくと音楽関係のソフトって本当にいろいろありますねー。次回は、今研究中のボーカロイド系のフリーソフトを紹介しようと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中