フィリピンのpasma(パスマ)

気がつけばフィリピンから引き上げてきたのがちょうど2年前、ちょっと信じられません。2年経っても、相変わらずフィリピンのポップ音楽(OPM)が大好きで、毎日なんらかの楽器で弾いています。きっとあと一年半この調子で続くと思いますが、果たしてフィリピンにまた戻るころにはどれぐらいのレパートリーになっているでしょうかね。

さて、信仰とはおもしろいもので、旧スペイン植民地には、それぞれキリスト教の他に土着の信仰が今でも生きています。といっても自分で確認したのはフィリピンとエクアドルだけなんですがね。エクアドルには、山側(シエラ)では、今でもシャーマンがいます。田舎だけでなくて、都市にもいます。

フィリピンでは、とりあえずルソン島にはアルブラーリョというシャーマンがいます。おそらく他の地域にはもっと別のなにかがいるはず。アルブラーリョは助産師でもあります。ま、それについては俺は実際に見たことがないのでなんとも言えません。俺が話ができるのは、けっこうな数のフィリピン人が信じている「パスマ」についてぐらいです。

「パスマ」という言葉は、なんとなくスペイン語語源のようです。スペイン語では、この音だと「びっくり」とかいう意味の単語があります。それかな。

内容は、ようするに身体を冷やすとパスマになって、死んでしまうよ、という、ある種の病気のような扱いです。解説代わりに英語のページをひとつ見つけました。
http://www.stuartxchange.com/Pasma.html

科学的根拠があるのか俺にはさっぱりわかりませんが、少なくともあなたの身近なフィリピン人もこれを信じている可能性がけっこうあります。なので、たとえばスポーツした後、すぐに水シャワーを浴びたりするのを避けていると思います。どうでしょうか?

ところで、このパスマの概念はフィリピンの伝統マッサージ「ヒロット」に登場します。ヒロットのお店は日本にもありますから、行く機会があれば是非どういうことなのか見解を求めてみてください。その際にはこのブログ上でコメントをお忘れなく。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中