KOBOでの自炊生活

いよいよプライベートが忙しくなってきた。。やりたいことが山積みしかかっている状況です。嬉しい悲鳴だと、自分でも思います。

さて、今日は楽天KOBOでの自炊生活についてレビューします。

去年の発売すぐぐらいに買った初代KOBOですが、今まで愛用しています。なんといっても目が疲れないというのが、普通のタブレットよりもずっと気に入っているポイントです。

操作性に関しては、動作の遅さとかちょっと気になっていたのですが、今年初頭の分のアップデートを最近になってようやく行ったところ、びっくりするぐらい快適になりました。ということで以前と比べると満足度もアップです。

俺の場合、自炊生活はほぼ100%においてPDFを読んでいます。ネットでPDFをダウンロードしたものが圧倒的に多いですが、他にワードその他の形式からPDFに変換してKOBOに入れているファイルもいくつかあります。たいてい楽譜か論文または記事のいづれかです。

ファイル転送には、KOBOのデスクトップアプリは使えないので、adobeのdigital editonを使用しています。calibreでもできるっぽいのだけど、触ったことがなく食わず嫌いです。

さて、コボを使っていて、これまでのところ問題点がちょっとあります。一番困るのは、PDFのファイル名でなくてタイトル情報でファイルを識別する点。ネットでダウンロードしたPDFの、いくつかは全く意味不明なタイトルで、かつ複数ファイルに同一タイトルが付けられており、転送の際にKOBOが同一ファイルと判断してしまいます。では、とタイトル情報をパソコンで編集しようにも、そういうファイルに限ってパスワードロックがかかっており普通の方法では編集できません。

次に困るのは、ごくまれにKOBOに入れられないファイルがあることです。どういうことなのかさっぱりわかりません。

最後に、これは単に手間がかかるというだけですが、adobeのdigital editonで各ファイルにタグ関連付けをしても、KOBO上の「本棚」と連動していないので転送後に本棚登録されません。よって、KOBO上でファイルをひとつひとつ本棚に関連付けし直すことになります。

以上のみっつさえクリアできれば、もっと快適な電子読書生活になること間違いありません。私は、どうやらkindleは自炊派にとってはもっと使い勝手が悪いようなので、KOBOで満足しています。楽天さん、改善のほどよろしくお願いしますー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中