エクアドルの大学

備忘録。

この前聞いた話だと、エクアドルでは公立の大学は無料、私立だと学期毎に900ドル程度かかるそう(どの程度の私立かは不明)。

あと、大学の年限がちょっと日本と違うみたい。ウィキペディアの「エクアドルの教育」には高等教育について書かれていない。英語版も同様。スペイン語版では、表が5年分とってある。やっぱり5年なんだろうか。

職場の同僚に聞いてみたところ、彼女は4年の学科だったようだ。学科によってまちまちだそう。

2004-5年の間にJICA青年海外協力隊の人が書いたホームページによれば、

大学に相当するのがウニベルシダッド(スペリオール)である。学科によって卒業年数が異なり医学部は8年。法律学部は6年。経済学部と技術系学部は5年。他は3・4年で卒業できるそうだ。

語尾からわかるように、又聞きなので信ぴょう性は不明。ま、でもこれまでの情報を総合するとだいたいこんな感じの結論にはなる。

しかし判然としないので、もうちょっと突っ込んで調べてみることにしよう。エクアドルで一番といわれるカトリカ大学のウェブサイトに、一覧を発見した。
学期は半期ということだと思われるので、8なら4年、12なら6年ということになる。

http://www.puce.edu.ec/portal/content/Oferta%20acad%C3%A9mica%20-%20Unidades%20Acad%C3%A9micas/63?link=oln30.redirect

なるほど、まちまちだ。数の上では4年のコースが多そうだね。

ということで、これでエクアドルの大学についてのミニ調査を終了としたい。

次なるウワサは、エクアドルでは選挙権が16歳から与えられるという。これもそのうち法的根拠を調べてみようかな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中