DTM再入門

大学のときに吹奏楽部の指導のバイトをしていて、編曲のときに使っていた楽譜作成ソフトの”Finale”。当時はCDを借りて使っていたような。

最近はセキュリティが厳しいので、こんな高いソフトを使えるはずはないとハナから諦めていたら、、

実はライト版である”finale notepad”が、今年の 5月から無料になってました。

http://www.barks.jp/gakki/news/?id=1000080248&ref=rss

http://park10.wakwak.com/~naka3/finale.htm

2番目の記事には聞き取り支援ソフトの”Wave Tones”の紹介もされてます。ダウンロードはこのサイトから。
http://ackiesound.ifdef.jp/

これで俺が弾くような曲はたいてい楽譜にできるようになりました。ギターのタブ譜作成は、これまで通り”Guitar Pro”とかを使っていくと思います。LinuxにはGuitar Proに互換性のあるソフトが無料であるので、お金の心配もなし。

ところで、DTMということでもうひとつ紹介。ソフトシンセの”rebirth museum 7″というフリーのやつなのですが、windows7の32bit版じゃないと動かせないというちょっと残念なことになってます。64bit版用にも、以下にあるように一応やりかたはあるようなんですが、俺はまだ成功してません。iphone版の方がよさそうですね。

xmotordrive.blogspot.com/2010/04/rebirth-rb-338windows-7-64-bit-2010.html
http://b7d.blogspot.jp/2010/12/windows764bitrebirth-rb-338.html
http://lunedi.sblo.jp/article/60014624.html

そのうち再挑戦して、動かせるようになったらまた報告しまーす。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中