「多文化共生」について思う

エクアドルで障がいのある子どもに音楽を教える仕事を始めるにあたり、障害学を(自分で)勉強した。その途中で、日本の「多文化共生」とその施策について思うことがかなり出てきたので書いておきたい。

まずはじめに、「多文化共生」とはスローガンであって、政治的な単語・用語であるということ。そして、ユニークなのはこの語は欧米の用語の翻訳ではなくて、日本の行政が独自に生み出したものであって、その点では「ふれあい」、「国際交流」などに通じるということ。日本の大学が出している論文では、語源についてグダグダ語っているものも多いが、そんなことに実際上なんの意味があるのかわからない。というか、、「多文化共生」に関してはもちろん(日本の)学界はその業界に寄生しているだけにしか見えない。

というのは、「多文化共生」の中の「文化」を定義する際に、なんの「文化」を対象とするのかについて、結局のところ行政に追随して「国の文化」だけにとどまっているからだ。そもそも、欧米では「多文化共生」のかわりに移民(もちろん難民も含む)の「社会的統合」とか「インクルージョン」とか言う概念で考えられているが、これは移民のために特別に設けられた用語ではなく、女性や障がい者等の社会的弱者に対しても適用できる概念だ。ところが日本では、そもそもマイノリティの権利向上に対する意識が一般的に欠如しているので、この関連に発想が向いていかない。

結局のところ、「多文化共生」を外国人の問題としてしか認識できないところに日本社会の未熟さがあるのだと思う。概念的には70年代から女性学(ジェンダー学)や障害学、それからおそらく黒人学(afro-american studies)も指摘しているように、問題はマジョリティ社会の中にあるのは明らかなはずなのだ。左記のような海外で発達した知見を、日本の大学は一般社会に対して広めていない。これを怠慢と言わずしてなんというのだろうか。

「多文化共生」の政治は、行政(ということはそれを支えている一般社会の言説)によって、彼ら=マジョリティに都合のよいように行われてきた。第一の特徴は上で指摘したように「多文化共生」がことさら外国人に特有なテーマのように語られることによって、女性や障がい者等の他のマイノリティから政治的に分断されているという点である。日本の大学は、この政治にマジョリティ側としてコミットしている。この点はいくら批判してもし過ぎることはない。

この現状に対する打開策として、私は「多文化共生」を「文化」の再定義を提案したい。その文化は一体誰の文化なのか、ということ。

これまではその定義を「国の文化」とすることによって、日本で育った外国人(たとえば、在日)やダブル(=ハーフ)、海外の日系コロニアで暮らしていた日系外国人をアイデンティティの危機に陥れる罠として作用している。次に、手話を話すろう者の「ろう文化」も多文化から排除されてきている。これらもやはりマジョリティが提唱する「多文化共生」の政治の結果にほかならない。この調子で、文化を下位集団的なもの、さらに個人的なものとして再定義していくことで、「多文化共生」は全員にとって関係のある問題になる。一見矛盾するようだが、「みんながマイノリティになる」わけだ。

「多文化共生」は政治なので、マイノリティからの働きかけで変容させなければ、マイノリティに配慮した政策は引き出せないと思われる。そして、日本では外国人には参政権がないので、外国人自身がいくら動いても、政府は動かない。ということは、女性や障がい者等の他のマイノリティと連帯しないといけないのだが、これまでは上記のような論法でもってマイノリティ同士が心理的に分断されることで抑圧されてきている。わたしは外国人の地方参政権に賛成するのだが、この権利を、かつて自分たちも参政権がなかった人たちが同じマイノリティだった者として応援できなければ実現することはないだろうと思う。それは、「直接国税を15円以上納めている満25歳以上の男性」以外の者だし、さらにさかのぼれば幕府の施政者以外の者全員なのだが、果たしてそこまでの共感力を育てられるほどシビルソサエティが発達するのはいつのことだろうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中