ガチでチャバカノ語

ぜったい他の人には理解できないと思いますが、今の夢というか、目標。

チャバカノ語をマスターすること。

自分でも不思議なんだけど、なぜか、去年からこのアイディアが頭から離れません。

タガログ語に出会っためぐり合わせの延長線上にあるのは間違いないのですが、タガログ語だけでなくセブアノ語も好きだし、どうもフィリピン諸語と波長が合うんですよね。前世かな。

ちなみに、タガログ語にしても発音(というかノリ)はネイティブみたいにはなれないと諦めてるんですけど、それでもなお熱意が冷めないというのは、やっぱり本気で好きなんでしょうね。

信じてもらえないかもしれませんが、エクアドルでスペイン語を習得することにした理由も、後々フィリピンに戻ってチャバカノ語をマスターするときの下地づくり、なんです。

と、いきなり書いても、なんで南米とフィリピンの言葉が関係あるの?と思われるでしょうから参考までに、下でチャバカノ語の概要をどうぞ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%8E%E8%AA%9E

スペイン語の語彙が多いといわれるフィリピン諸語の中でも、抜群にスペイン語に近いのがチャバカノ語なわけです。しかしながら、文法の骨組みはしっかりタガログ語&セブアノ語に(そしてきっとイロンゴ・ヒリガイノン語にも)共通のものを使っている。

さらに意味論の部分ではフィリピン諸語よりなので、スペイン語だけわかる人には到底使いこなせません。かたや、その語彙から、他のフィリピン諸語とは系統が相当違って、かつ英語とも違うので、別の地方のフィリピン人にも学習しづらいという、非常に奥が深い言語です。

さて、では実態なのですが、外国人向けの文法書は出版されていないとされているのに、なぜか英語版のウィキペディアに詳しく解説が載っていました。これ、相当貴重です。

http://en.wikipedia.org/wiki/Chavacano_language

これを読めば、タガログ語がある程度わかる人だと文法は納得がいきます。さらに、スペイン語がある程度わかる人だと、語彙が理解できます。両方できれば、読めます。で、俺、嬉しいことに例文を読んでしっかり理解できました。メキシコでスペイン語修業した甲斐があったなあ、とひそかに感動です。

これからエクアドルに行ってもっとできるようになって、フィリピンに戻る日が楽しみです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中