主義としてのエスペラント

ここまでの議論で、エスペラントの本質は学びやすさや公平性なんかにはなく、それをどう使うかというアイディアだということがわかったかと思う。

そもそも、言語的には、エスペラントはその歴史的経緯から、西の言葉である。発案され運動が繰り広げられてきたのはヨーロッパが中心で、その結果としてファンも彼の地に集中しており、EUとの接近も指摘できる。かつ、言語構造的にも完全に西の言葉なので、例えばアジア言語を母語とする人にとっては習得にかかる負担はけっこう重い。

だからエスペラントが言語として「国家の支配から独立しているから公平」と訴えたとしても、説得力はない。それは、国際機関が北の国に都合のよいように作られている、というような批判と同じ理屈である。

パワーバランスの不均衡を乗り越えるためには、世界各国でエスペラント主義者がバランスよく存在していることが必要だ。が、エスペラントの普及活動は、それが「正しい」から広めるのではなく、主義に賛同できる人を探す、という類のものであるべきだ。なので、たとえ国家の関与(たとえば公立学校で講座を持つとか)があっても、エスペラントが何なのかを知る機会を与える程度のもの以上は望ましくないと思う。文法の理解度を点数化して評価する等は、まったく本質から外れている。エスペラントの主義を理解しているかということが大切なのである。

究極的には、エスペラント主義はエスペラントを話さなくてもいい。お互いが第二言語同士で、平和の実現のために対話する、それに尽きる。これがエスペラント主義と言ってしまうなら、意識しないまでもエスペラント主義者はかなりの数にのぼるだろう。

ところで、エスペラント関係機関は、上記のような考え方には干渉しない。エスペラント協会専管の仕事は、言語的内容についてである。ありがたいことに、中央が思想を統制するような組織でないので、「なぜ今エスペラントか」は、学ぶうちに自分で見つけろ、ということだと思う。

そんなわけで、以上は、現時点での俺の個人的意見。エスペラントを始めてから今年で12年。ようやく自分の考えがもてるようになってきた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中