メキシコとフィリピンの比較(その1)

今回の旅のテーマのひとつは、現在のメキシコとフィリピンを比べてみることです。というのは、共通する点がいくつかあることに気づいたからです。

まず、スペインに支配されていたこと。ただし、フィリピンはメキシコ独立までは形式上はメキシコ副王領の統治下にあったそうです。

次に、出稼ぎが非常に多いこと。端的にいうと北米移民が非常に多い、ということです。
海外労働からの収入額は、絶対額ベースではメキシコ、フィリピンが世界4,5位。一方でGDP比では、メキシコは海外労働に強く依存しているとは言えませんので状況はけっこう違います(参考)。

そして移民にも関係して、アメリカからの文化的影響というのも気になる点です。それからアメリカ資本の国内における存在感も。たとえば、コールセンターのようなBPO産業も活発です。

富の偏在については、どちらも中間層が増えていることには変わりないのですが、その厚みは全然違います。メキシコは中進国ですので、教育レベル的にも格段に先をいっています。でも生活費を比較してみると、たいして差がないんじゃないかと思える部分もいくつかありました。

あとはBOP(ボトムオブピラミッド)層について、これから地方を見に行ってみたいと思いますが、たぶんぶらっと行くぐらいでは何も見えないでしょう。観光地にしか行くつもりないし。

というわけで、余裕があったらこれから具体的な比較の結果を発表していきたいと思います。ではでは。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中