手話の地図

手話の世界地図を探してみたけど、見つからない。どうやら、まだそういう段階じゃないのかも。もしくは、俺の探し方が悪いだけか。

とりあえず、アジア・アフリカ地域のは、東京外大のアジア・アフリカ言語文化研究所でのプロジェクトとして情報がある。

http://aasl.aacore.jp/wiki/Main_Page_ja

日本語情報でもこういうのがあるくらいだから、たぶん、英語で探せば世界地図も見つかるんだろう。

ただ、逆を言えば、そんなに簡単に見つけることができないということ自体、研究の進み具合がその程度だ、ということにもなる。
だから、「手話は世界共通だ」なんて素朴に誤解されてしまうんじゃないか。もったいぶらずに誰にでも手に取れるように地図を公開しておくべきだと思う。

さて、日本手話では、俺のイメージに近い地図が公開されている。

http://www.a.tsukuba-tech.ac.jp/ge/~osugi/jslmap/

こうやって発表することで言語の姿を固定化させてしまうことになる側面もあると思うけど、しかし一般の人が興味を持つためには、発表しておいてもらわないと困る。観測にかかわるジレンマですが、まあこれは避けられないだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中