言語人類学入門

依然ちょっと気になっている分野、言語人類学。バイリンガリズムやクレオール語、言語の変容などに関心があり、かつフィールドワーク好きの俺としては、気になるのは当たり前と思う。

とりあえず全体像をつかみたいと思ったので、世界思想社の「言語人類学を学ぶ人のために」を読んでみた。

まあ、なんとなくわかるようなわからないような。。

社会言語学と似ているようで違うようで。言語人類学は、あくまで、人類学の手法として言語をキーワードとする、ということのようだ。
読んで字のごとしですな。

もし将来、博士号をとるとしたら、何がいいかなぁ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中