コスタコンコルディア号からフィリピン人クルーが本国帰還

1月21日の記事になるが、座礁したコスタコンコルディア号の乗組員のうち、296人いたフィリピン人クルーは293人が無事に帰国できたとのこと。残りの3人は翌日に帰る(った)とか。

http://globalnation.inquirer.net/23555/111-more-filipino-crew-of-italian-cruise-ship-arrive-in-manila

乗客と乗組員あわせて4,229人だったということで、乗組員だけだと何人だかわからないが、それでも300人近くを占めていたというのは多いことがわかる。しかも、ヨーロッパのクルーズなのに。

フィリピン人の船員は本当に多い。日本船籍の船でも、中で働いているのはほとんどフィリピン人というのはよく言われることである。ちなみに、中にいるミュージシャンもフィリピン人は多い。

タイタニック号のときと違うのはそういう面でもある。だから今回は大勢が助かった、かどうかは知りませんが。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中