SUICAの所有権と改造

知ってました?

どうでもいいことですけど、SUICAって、実は所有権はJRにあるそうです。っていうかPASMO, ICOCA,全部そういう仕組みなんだって。

理由はおそらくこちら↓
http://news.infoseek.co.jp/article/trendgyao_trivia426119

で、所有権は発行会社が留保しているので、勝手に改変したりもできません。でも、外側のデザインをいじったりするするぐらいは、やり方によってはいいんだって。

たとえば、上からシールを貼って、好みの外観にするとか。やり方はこんな感じで↓
http://hamusoku.com/archives/4143984.html

結局、こういうICカード乗車券って、磁気で動いているので、そこさえ邪魔しなければ用途にも支障はないわけで。
*追記:磁気じゃありません。電気です。

ところでICカード乗車券の規格って、ソニーの「FeliCa」だったんですね。仕組み的にはEdyと同じなんだそうです。
カード内部には電池なんか入ってなくて、読み取り機が近づくとそこからエネルギーをもらって、カードの中の電源が入って、交信して、、というプロセスを一瞬のうちにやってしまうんだそうです。すげーですね。

ICカード乗車券ってもう10年ぐらい経つと思いますが、何種類ぐらいになったのかと思って調べてみました。結果、日本全国で50種類ぐらいあるようです(参照)。これを全部集めた人って、いるんだろうか?きっと、ファンなら集めるんだろうなぁ。デポジットだけでもけっこうな金額になっちゃいますね。

広告

SUICAの所有権と改造」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中