オ-ストラリアのワーホリは海外から申請できる

ワーホリで、カナダとオーストラリアとどっちにしようかと考えてみた。カナダの方がなんとなくいろいろとちゃんとしてそうなのだが、寒そうだし、もうひとつの理由でオーストラリアに軍パイが上がった。

それはやはり、位置的なもの。将来的に拠点とする場合に、南米、フィリピン、日本とも距離がそれなりに近いのは魅力。かつ、ジェットスターのような格安航空会社もあり、交通費も抑えられそう。ついでに、最低賃金が高いということなので、ワーホリ中の仕事(十中八九は単純労働)でもそれなりに給料を確保できるんじゃないか、と期待。

さて、南米に行くときにカンタス航空を使えば、1年オープンのチケットで成田から往復19万ほど(燃油サーチャージ込)。もしかしたら、一旦ジェットスターでオーストラリアに入って、それから現地で南米行きのチケットを買った方がチケット代としては安いかもしれない。が、そのためだけに滞在するのなら滞在費とかを考慮すると結局高くつく。

カンタス航空の上記チケットは、シドニーでストップオーバーできるそう。ということは、帰りの便でシドニーで途中降機して、そのままワーホリ滞在をスタートすれば、日本に一旦帰る必要がない。とても魅力的。

調べてみるに、オーストラリアのワーキングホリデーはネット申請なので海外からでも申請可能。完璧ですね。そのままオージーで就職先も見つけられれば、しばらく居ついていられるじゃん。

というのが現時点での計画ですが、もしJICAのボランティアが受かっててかつ希望の場所だったら、そっちに行ってしまうかもしれません。ま、どっちでもいいです。どちらにせよ、とにかく日本からは再び脱出して、少なくとも2年は海外にいます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中