行政書士試験は民法に始まり民法で終わる?

今日はバカみたいに勉強しています。結果、バカになった気がします。。

3ヶ月前にやったのと同じ問題に挑戦してみて、やはり50%しかとれませんでした。あと10%の壁が厚い。
そして、なぜか前に合っていた問題で間違えている。。中途半端に身につけたな知識は、役に立たない。

さておき、しょうがないのでプラス思考に転換することにしました。

よく考えたら、民法を始めたのは2年前だし、これまで今回の試験に関連する書籍を20冊近くは読んでいるし、現在も行政の一部で仕事をしているんだし、客観的に見て準備が全然足りてないわけではない。

過去問でも、5分野のうち、3分野はまあ大丈夫なので、あとは民法と会社法だけ、1週間でもうひとがんばりするようにすればいい。

と、思いたい。

どうも実際の試験問題に出てくる部分と基本書に書いてある範囲が違うような気がしていて、ここで基本書をやったって得点に結びつかないんじゃないかという疑念が消えない。ふむー。

まあいいや。とりあえず勉強する習慣と勉強した実績だけは自分のものになっていて、これは財産だと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中