日本に生きるコミュニティ

川崎に住むことにした選択が合っているかどうか、もう少ししてから判断する必要はあるのだけど、今のところは成功かな、と思う。

プライオリティは家賃の安さと職場への通いやすさだったけど、実は他にも狙いはあった。川崎へは以前、ボランティアで通っていたことがあり、知り合いがいる。地域力、というか暖かいコミュニティの存在を感じさせるのは、フィリピンコミュニティとつながっているからかもしれない。俺の好きな雰囲気。

仲良し、というほど普段から連絡を密にしているわけでもないのだが、近寄ると暖かく迎え入れてくれる、そんな存在が俺にとってのコミュニティだ。

川崎のフィリピンコミュニティを代表するもののひとつが、カトリック教会の英語ミサ。一部の賛美歌はタガログ語だったりして、完全にフィリピン人向けにカスタマイズされている。毎週日曜日に出現する日本の中のフィリピン。ちなみにフィリピン人のシスターもいる。

今日はそこに行ってきた。狭い世界だからか、昔の知り合いにも何人か会えた。新しく引越してきたのに、もう友人がいるというのはありがたいことです。ここでは、日本人より外国人の知り合いの方が多い。実は、もはやあんまり意識はしないのだけど。

俺もコミュニティ・ワークに参加してもいいかな、という気分になったので、彼らがやっている川崎の翻訳・通訳ボランティアに登録してみました。平日の日中働いている俺には、ほぼ出番はないんだろう、とタカをくくりながら。

そしてここのコミュニティで俺が最も期待しているのが、フィリピン人バンド。メンバーに入れてもらう、という話にまではなったのだけど、果たして実際に動き出せるかな。元エンターテイナーとかがやっているので、歌手はセミプロです。インストの方も、フィリピン人なだけあってけっこううまいはず(細かいテクニックが云々というより、レパートリーを暗記してたり、ノリがいいんですよね)。俺もいつ呼ばれてもいいように、マイ・ベースを持って待機してます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中