芸者文化とフィリピンパブ

これまでこのブログではまったく触れてこなった話題。

あえて書こうと思わなかったんですが、一時帰国中に川端康成の「雪国」を読んで、さらに昨日「Memories of Geisha (邦題は、SAYURI)」も観て、感じることがあったのでエントリーを起こします。

現代の在日フィリピン人とフィリピンパブは切っても切れない間柄。今40才前後で日本にいるフィリピン人女性は、ホワイトカラーを除けばほぼフィリピンパブで働いていたか、その親族というのが事実。

別にそれだけのことであってそれ以上ではないのだが、特に女性に誤解されていることとして、在日フィリピン人の名誉のためにまず明言しておかなければならない。フィリピンパブは売春宿ではない。

ヤクザが絡んでいたことは周知の通りで、一部では人身売買状態になっていたり、経営者にレイプされたり、ノルマ達成のために身体を売っているようなところもあったそうだし、ショーとしてストリップとかがあったりしたそうだが、決してどこでも常にそうだったわけではない。文献調査やらインタビューやらをしてみると、ずっと下の世代である俺でもよくわかります。

また、パスポート偽造やら違法なことはいろいろと行われていたが、アンダーグラウンドな世界なので当然といえば当然。そこは分けて考える必要がある。

ちなみに、上記は今でも終わったわけではないです(フィリピン人は少なくなっていますが)。

さて、文学がわからない俺がノーベル賞作家の「雪国」を読んでみて、「なんて反社会的な内容だ」という感想のみで終わってしまいました。芸者遊びが好きなブルジョワ階級が、奥さんを置いて地方に通って、芸者とデキてイチャイチャいている、という内容。なんじゃこれ、不倫を助長したいのか。

とはいえ、これまで全く知らなかったし興味もなかった「芸者」について、少しアイディアをもらった。ようするに、日本にいたフィリピン人エンターテイナーと同じじゃないか、と思った。

その上で「SAYURI」を観てみると、なるほどこちらは人身売買であるけれども、これもまた実際に、ブローカーが研修費やビザ発行に要した費用を借金として背負わせ、パスポートをとりあげて働かせる事例とそっくりだ。そしてキャバクラのような典型的なフィリピンパブに、需要があった理由。これらはすべて、芸者から来ている文化だと、ようやく気づいた。

ただし、日本でのフィリピンパブについては、事実上もう終わったと言ってよい。経緯は、以下のブログでも読んでみればだいたい掴めるだろう(参照1参照2参照3)。2004年から激減して、店も閉まっている。代わりに中国とかコロンビアとかの店が増えているのだろうが、俺は全く風俗通ではないのでわからない。ちなみに上記のリンクには経緯の開設だけではなく、ところどころにほおーっという指摘がなされていて面白い。

「フィリピン」をテーマにしている俺が注目したいのは、フィリピン国内の日本人向けパブ(いわゆるカラオケ)。 フィリピンに限らず、日本人駐在員が多い海外の都市にはキャバクラスタイルのお店ができているが、これに代表されるように、(お客を含めた)芸者文化は帝国時代と日本企業の海外進出にあわせて海外に展開しているわけだ。

もっとも、海外で人件費の安い現地の人を雇って経営されているこれらのキャバクラには、人身売買的な要素はない(管見の限り)。現地のまあ貧しい階層の女性が、それなりに高い給料と、自分を養ってくれる外国人目当てに求人応募しているというだけである。また、芸者のように長い間修行をするわけでもない(この点では、今ワイドショーを騒がしている韓国のアイドルの方が芸者にかなり近いと思われる)。

そんなわけで海外に芸者はいないけど、キャバクラは芸者文化から来ているという意味で、日本は芸者文化を海外に展開しているということができよう。これに対して日本の女性から反対運動が起こらないところも、不倫を許容してきた日本社会の特色なんだろうな。日本の女性はそんなんでいいんだろうか、といつも思う。もちろん、男尊女卑の上に甘やかされている男性もです。

今日は以上ですが、ちゃんと語れなかった箇所も多いです。もうちょっと調べたら本が一冊書けそうな気がします。もしかしたら、この観点を深めていって社会分析をしたら、博士論文になるかもな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中