また日本語の本を仕入れる

フィリピンに住んでいても、英語の本をほとんど全く読んでない。その上、実は仕事でもあんまり英語を使っていなかったりして、これは上達しないのも仕方ないです。それよりなにより、プライベートを一人で過ごしているのが原因かもしれない。実際、普段はタガログ語も使ってないからね。

ま、こんな生活もあと1,2ヶ月の予定なので、いいかなと思ってます。引越したらきっと、生活環境変わるだろうから。それまでは、余暇はひたすらギターと(日本語での)お勉強メインで。うつ状態だった半年分の遅れを取り戻すつもりでがんばります。

実際、プライベートを確保できるというのは非常に貴重なこと。ここフィリピンでは、そもそもプライバ
シーという概念がないぐらいコミュニティをメインにした生活を営んでいるのが普通なので、駐在員でもない限りは一人でこもって何かをする、なんてことは不可能じゃないかと思う。

もし田舎に引越したら、きっと静かな部屋で誰にも邪魔されずに過ごしたりできないだろう。それはそれで良い。しかし、常にそれではお勉強ははかどらないかもしれない。

さて、週末にマニラの日本人会のイベントに行ってきました。目的はひとつ、中古の本を探すこと。フィリピンには日本語の本を売っている本屋は未だ皆無なので、日本語の本は贅沢です。その上、古本市では破格の値段でたたき売りしているので、貧乏な俺にもたくさん買えるチャンスです。

今回は、あまり掘り出し物はなかったけど、それでも7冊ぐらい買いました。たいていは実用書。あとは、適当に。ひとつだけアリエスという俺の好きな社会学者の本があって、これは日本の図書館にもそんなに置いてないので、貴重。ただし、真面目くさっている論文なので、余暇に読む本じゃないかも。あとは、「雪国」なんて日本では絶対買わなかっただろうと思うけど、20円だったので購入した。

これでまた読む本が増えた。その分、英語の本を読む日が遠ざかったわけで。。 というか、たぶんそんな日は来ないかもね。そもそも俺、本当は英語嫌いだし。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中