映画の話

日本はお盆だそうですねー、まったく実感ありませんけど。。このシーズンはフィリピンの方が涼しいだろうね、間違いなく。

さて、職場こそまだ変われないものの、月曜から職場環境が若干変化します。
まだ確信をもてないですが、ようやく暗黒の時間が終わるかも!?
なんだか変われるような気がします。そうであってほしい。。

ところで、ここ2週間ぐらい、気晴らしにと思って映画を観てます。ただ、巷で売っている海賊版のDVDは内容がどうも俺の趣味に合わないので、おもしろそうなのをピンポイントでトレントからダウンロードして観てます。これなら、どの国にいても同じですね。

結果的に、英語の映画を字幕なしで観ることになるのだけど、まあ映画にもよりますが細かいことは何を言ってるのかわかりません。それでも普通の映画なら映像の助けがあるので大筋は掴めるし、まあいいかな、と。ただ、英語の勉強になっているような気は全くしません。。ああ、英語勉強しなきゃなぁ。

さて、そこで今更ですが、観た中からオススメの映画でも紹介したいと思います。
中身にはまったく触れませんので、とりあえず入手して観てみてください。外れはありません!

まずは、「ブラッド・ダイヤモンド」。ディカプリオが特に好きというわけではありませんが、これはすごい気合の入った作品です。わかりやすいし、おもしろい。2004年ぐらいの作品ですよね、たしか。

次に、同じくディカプリオの「インセプション」 。こちらは最新作。めっちゃおもしろいのだけど、世界観が複雑なので映像から設定がなかなか理解できません。。なので英語のリスニングを集中しまくるのだけど、結局キーとなる概念がつかめないので10〜20%しかわかりませんでした。。もう一回観に行ったらわかるかなぁ。。

そして、イチオシはこちら。「スラムドッグ・ミリオネア」。流行っていたのは知っていたけど、期待をはるかに超えてました。はっきり言って、仰天です。。というか、インドすげー。この映画を観たら、インドのファンになっちゃうと思います。
もともと俺、インドのポップス(っていうんでしょうか?)とかボリウッド系ダンスとか好きなのもあり、 モロにツボでした。西洋の影響を受けまくりつつ、その中で独自のカラーを打ち出しているというのはマジですごいです。レゲエやサルサ、ボサノバに匹敵すると思います。これからはインドだなー。

ぜひとも、フィリピンの映画にもがんばってほしいところですが、私見ではフィリピン映画は価値観が独自すぎて国際的な評価というか、共感を得られないと思います。エスニックな匂いを漂わせつつ、やはりグローバルスタンダード的価値観に基づいて筋書きを作ってもらわないと、ウケないですからね。
独自なほどよい、というわけではないのが微妙なところですね。。

広告

映画の話」への2件のフィードバック

  1. 「ブラッドダイヤモンド」は、かなりタイムリーな話題ですね。今ちょうど、国際法廷で、世界的なファッションモデルのナオミキャンベルがリベリア元大統領からブラッドダイヤモンドを受け取ったことがあると証言していますね。

  2. あ、そうだったんですね、知らなかったです。少なくとも自分は、今後もダイヤモンドとは縁のない生活を送っていくことになると思います。。ところでスラムドッグ・ミリオネアですが、どうやら監督はイギリス人らしいですね。。だからかー、と妙に納得しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中