土曜日はスペイン語の時間

先週末からスペイン語コースが始まりました。楽しみにしていた習い事の時間です。週末は仕事のことは完全に忘れて気分転換に自分磨きをする、素晴らしいじゃないですか。レクリエーションとしての、楽しい勉強。生涯学習の時代はこうでなくっちゃ。

とは言いつつも、さっそく来週から2週続けて休んでしまいます。3週以上休むと進級できなくなるらしいので、さっそく崖っぷち。お金を払ったのにもったいない、と思いつつ、まあ一昨年は独学プラスアルファでスペイン語をやっていたので簡単に追いつけるだろう、とタカをくくっています。
クラスは22人からスタートと、かなり大きめ。フィリピン人がほとんどですが、韓国系(韓国人だけど、フィリピンで英語教育を受けて育っているので英語ペラペラ)が2人いて、それに俺。意外なことに、ほとんどは20歳付近の若い人たちばかり。能力開発というよりは移住目的の人が多いようで、スペイン人に親戚がいる人やスペインに行く予定のある人が多い。ほかには学校の勉強の延長や、単に趣味でやろうという人、あとは母娘で来ている3人組もいる。人生模様もいろいろなんでしょう、きっと。

そういえば俺は観てないけど、映画でスパニッシュクラスっていうのが何年か前にあったような。気分転換にスペイン語でも、っていうことで雰囲気似ているかもね。

ここで新しい友達できるといいなと思ったけど、ちょっと躊躇もある。彼らが比較的裕福な階級であるということで、貧乏根性が染み付いている俺としては、ちょっと踏み入れにくい気分がします(例えば、俺の普段の生活は彼らよりはるかに質素だったりします)。マニラで接する日本人はもっと裕福な場合がほとんどだけど、階級文化みたいなのは基本的に日本人にはないですからね。そういう意味では日本人の方が付き合いやすい気がします。

特に、金持ち系の学生は未知の世界。フィリピンのスタバは他の物価と比べておそろしく高いんですが、そこにたむろしているような学生って、こいつらなんなんだろうと思ったりします。周りに路上生活者や貧乏人がいくらでもいますからね。俺としては低所得層により親近感を感じます(間違いなく、自分がシンプルな暮らしを目標にしているからです)。

まあ、とりあえず友達3人ぐらいを目標にしてようっと。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中